【安い&高品質】ランドセルの人気ランキング!

ランドセルは非常に高額なものから安いものまで、たくさんの商品が販売されていますが、安くて高品質なランドセルを選びたいのではないですか?

安くても高品質な人気のランドセルランキングと選び方を解説していきます。

男の子向け安くて人気のおすすめランドセルランキング!

安いランドセルの中で男の子に人気の商品を紹介していきます。

フィットちゃん フィットちゃん201

フィットちゃん フィットちゃん201
ポイント
  1. 人気のカラーを集めたランドセル
  2. 通気性・通湿性に優れた素材を使用
  3. A4フラットファイル収納サイズ
  4. 選べる6色のカラー
価格 39,900円(税込)
素材 本体:クラリーノエフ2
背中:エアーフレッシュ®
重量 1090g前後
カラー キャメル
クロ
マリン
チョコ
チェリー
ラベンダー

フィットちゃん グッドボーイ(A4クリアファイルサイズ)

フィットちゃん グッドボーイ(A4クリアファイルサイズ)
ポイント
  1. 男の子に人気のデザイン
  2. カブセの立体感がクール
  3. A4クリアファイル収納サイズ
  4. 男の子らしい2色のカラー
価格 35,000円(税込)
素材 本体:クラリーノ エフ2
背中:エアーフレッシュ®
重量 1080g前後
カラー クロ×ネイビー
クロ×ブルーステッチ

ニトリ スピリッツ わんぱく組ランドセル

ニトリ スピリッツ わんぱく組ランドセル
ポイント
  1. シンプルで使いやすいデザイン
  2. キズに強く丈夫で軽い素材
  3. A4フラットファイル収納サイズ
  4. 選べる6色のカラー
価格 22,000円(税込)
素材 主な素材: 人工皮革
重量 約1.03kg
カラー ブラック
チョコレート
ウルトラマン
ピーチ
ラズベリー
スカイ

女の子向け安くて人気のおすすめランドセルランキング!

安いランドセルの中で女の子に人気の商品を紹介していきます。

フィットちゃん フィットちゃん201

フィットちゃん フィットちゃん201
ポイント
  1. 人気のカラーを集めたランドセル
  2. 通気性・通湿性に優れた素材を使用
  3. A4フラットファイル収納サイズ
  4. 選べる6色のカラー
価格 39,900円(税込)
素材 本体:クラリーノエフ2
背中:エアーフレッシュ®
重量 1090g前後
カラー キャメル
クロ
マリン
チョコ
チェリー
ラベンダー

フィットちゃん あい・愛ティアラ(A4クリアファイルサイズ)

フィットちゃん あい・愛ティアラ(A4クリアファイルサイズ)
ポイント
  1. ティアラとハートがかわいい
  2. ダブルハートの内装
  3. A4クリアファイル収納サイズ
  4. 選べる5色のカラー
価格 34,000円(税込)
素材 本体:クラリーノ エフ2
背中:エアーフレッシュ®
重量 1080g前後
カラー アクア×ベビーピンク
チョコ×ベビーピンク
ラベンダー×ベビーピンク
チェリー
チョコ

ニトリ メチャピカ わんぱく組 ランドセル

ニトリ メチャピカ わんぱく組 ランドセル
ポイント
  1. 使いやすさとデザインを追求
  2. 雨にも負けない丈夫な素材
  3. A4フラットファイル収納サイズ
  4. 個性的な6色のカラー
価格 33,000円(税込)
素材 主な素材: 人工皮革
重量 約1.11kg
カラー レーサー
イナズマ
ナイト
ギンガ
ジーンズ
キャメル

安いランドセル選びのポイント!

安いランドセルを選ぶ時、どんなポイントに気をつければいいのでしょうか?

3つのポイント
  1. 丈夫にできている
  2. 軽量で子供に負担をかけない重量
  3. 教科書・学校で必要なものを収納できる

それぞれ、どのような点をチェックすればいいのか詳しく見ていきましょう。

1.丈夫にできている

ランドセルは毎日通学で使うカバンなので、耐久力に優れ丈夫でなければなりません。

ランドセルの丈夫さを見極める部分としては、こんなところを確認してみましょう。

素材 革製(牛革など)は雨に濡れやすく傷もつきやすいので丈夫ではない。
縫製技術 職人の手縫い・機械のどちらでも、品質チェックをしっかりしているかどうかが重要。人間でも機会でもミスは起き得るためチェック体制がきちんとしていること。
飾り 飾りの部分は特に壊れやすい部分なのでシンプルな構造になっているか

安いランドセルの場合は、牛革などの本革を使っているものはほとんどなく、素材は人工皮革となります。

人工皮革は本革よりも雨や傷に強いので耐久力の面は問題ありません。

素材以外の部分の縫製技術や派手すぎる飾りなどが多くないかを確認してランドセルを選ぶと、長く利用できる高品質なランドセルと巡り合うことができます。

2.軽量で子供に負担をかけない重量

ランドセルは大人が思っている以上に子供には重いもので、教科書を入れるとその重量はとてつもないものになります。

そのため、軽いランドセルを選ぶことで少しでも子供の負担を軽減してあげましょう。

1000g以下 非常に軽量なランドセルといってよい
1000g~1100g 比較的に軽量なランドセルといってよい
1100g~1200g 標準的なランドセルの重さといってよい
1200g以上 比較的重めなランドセルで牛革やコードバンのものが多い

安いランドセルは人工皮革なので1200g以上のものはあまり見られませんが、0ではないので購入前に重量を確認しておくとよいでしょう。

計量モデルでも900g程度の重さはあり、数は少ないので900g台まで行かなくても1000g~1100g程度のランドセルの中から気に入ったものを選んであげるのもよいかもしれません。

3.教科書・学校で必要なものを収納できる

ランドセルの利用目的はもちろん学校の教科書や、必要なものを入れておくためのものなので、教科書がしまえなければ話になりません。

もちろん、ほとんどのランドセルが教科書を問題なく収納することができますが、学校で必要な規定の教科書とランドセルのサイズを念のため確認しておきましょう。

安いランドセルのQ&A

安いランドセルのQAです。

1.ランドセルが安い時期はいつ?

ランドセルの販売は例年6月辺りから開始され、夏には販売のピークを迎えます。

もちろん、販売ピークの時期は値下げをしないので安く購入することはできません。

ピークを過ぎて秋から冬にかけては値下げも期待できますが、人気モデルは夏には完売してしまうので、こだわりがそれほど強くないという人だけ秋から冬にかけてランドセルを探すのがよいでしょう。

2.ランドセルが安いお店は?

ランドセルを安く販売しているお店ならニトリ、イトーヨーカドーなどの量販店です。

ニトリは自社ブランドで格安のランドセルを販売していますし、イトーヨーカドーも自社ブランド、ならびに大手ブランドのランドセルも取り扱っています。

ただし、店舗でランドセルを販売しているところは少ないので、最寄りの店舗が対応しているかどうかは確認が必要です。