池田屋ランドセル「防水コードバン」の特徴・口コミまとめ!

池田屋ランドセルの防水コードバンは、どんな特徴があって、実際の利用者の口コミはどんなものなのかを詳しくまとめました!

ランドセルは子供にとって6年間使う大切なものですから、評判や特徴を確認しておきましょう!

池田屋ランドセルの防水コードバンの概要!

価格 91,800円(税込み)
素材 コードバン
重量 約1,400g
カラー クロ、アカ

池田屋ランドセルの防水コードバンの特徴!

池田屋ランドセルの防水コードバンには、こんな特徴があります。

  1. 雨の日も安心!防水仕様のランドセル
  2. 皮革のダイヤモンドと称される希少なコードバンを使用
  3. 本体の革にはイタリア製の防水牛革を使用

雨の日も安心。お手入れも簡単な防水仕様のコードバンモデル。

皮革のダイヤモンドと称される希少なコードバン(馬革)をカブセ部分に使用。

キメ細やかでなめらかなコードバンの美しさ際立つ表面は、上品にツヤ消し加工で仕上げ。
本体にはイタリア製防水牛革を使用しています。

池田屋ランドセルの防水コードバンの悪い口コミ!

本体が馬革で作られている為、ランドセルだけで1.5kgの重さになるのが不満な点です。

教科書等を収納すれば計2.5kgを超えてしまう時もあり、背負っているとはいえ小学校低学年の子供には重過ぎると考えています。

馬革のおかげで耐久性がありますが、出来ればショルダー部分や本体内部は別の素材を使用して本体重量を軽量化してくださるとありがたいです。

また、ショルダー部分にある防犯ブザー用の金具が服に引っ掛かりやすいので別の場所に取り付けて欲しいです。
機能やデザイン的には問題はありませんが、唯一気になるのが値段で高いです。

相場が五万円ぐらいだとすれば、これは九万円もしたのでかなり高いといってもいいでしょう。

五万円でも高いとかんじるぐらいですから、これはとても購入に勇気がいりました。

それだけの機能があるということなのですが、まあ子供が気に入っていることと長く使えるということを考えてこれにしました。

ただ、もっと安く出来るのではないかということは感じました。

もっと小さいものがあればいいなと思いました。

子供が背負うとやけに大きくて重いように見えたので、これは改善できるのではないかと思います。

恐らくは高学年になった時のことを考えているのでしょう。

大は小を兼ねるという発想ですが、子供はちょうど発育の時期になるので、子供の成長に合わせて伸び縮みするようなものになっていてもいいような気がします。

後はもっと安くなれば嬉しいということは思いました。

家計にはかなり厳しい値段でした。
防水性能に問題はありませんが、もう少し軽いものが良いと思いました。

子供が幼いうちはかなり厳しい気がします。

高学年になると心配はなさそうですが、あまり重いものは持たせたくない気がしました。

本体だけでも1.5kgぐらいあるようですから、それは子供にとってはかなり辛いはずです。

取り外し機能を付けるなどして不要なものは外してもっと楽に持てるものにしてもいいと思います。

低学年の時は特に荷物もそんなに多くないでしょう。

ひとつひとつ手作りで制作されているので、数箇所ほど欠陥があるのが不満に感じる点です。

牛革を手縫いするのは素人目でも大変な作業だとわかりますが、その結果きちんと縫製されていない部分がありメーカーに無償修理をしてもらいました。

ショルダーの組み合わせが悪くて重い教科書を入れて背負ったとたん、ランドセルが落ちてしまいました。

この衝撃で、息子は左腕を脱臼する大怪我をしてしまい可哀想でなりませんでした。

もう少ししっかりと製品を作って欲しいです。

池田屋ランドセルの防水コードバンの良い口コミ!

池田屋ランドセルの防水コードバンの素材が耐久性に優れている馬革を使用していたので、息子に買い与えました。

男の子なので多少乱暴にランドセルを扱い、友達同士で叩いたりもしていますがまったく形が崩れることもありません。

防水加工もされており、梅雨時の大雨の日でも大切な教科書が濡れないのが良いです。

マチの入った収納部分のおかげで、5時間分の教科書やお弁当箱を一まとめにに入れられるので常に両手を手ぶらにして安全な登下校をさせてあげられます。
防水で水に強いということが一番でした。

自分の住んでいる地域は雨がよく降りますし、冬は雪が降ります。

雪は実はかなりカバンにはダメージを与えることになるので、これに強いというのは大きな魅力です。

当然長持ちもするということで長く使うことになるランドセルとしてはこれしかないと思いました。

子供も喜んでくれていて常に手元に置いて話しません。

しばらくすれば飽きるでしょうが今はまだかなり御執心なようで良かったです。

まず丈夫で子供が乱暴に扱ってもよいというのが気に入りました。

子供はすぐに投げたりけったりもしますから、壊れないということが大切です。

そして防水で雨に強いということも大切でした。

常に外に持っていくものですから雨に濡れると弱いというのでは意味がありません。

それでいて見た目も気になりますからデザイン的に持っていて誇りが持てるような感じになっているのがいいなと思いました。

後は子供が喜んでくれたことが最高です。
実用的で水に強いというのが気に入りました。

自分が住んでいる地域は雨が多くて、特に冬場の雪が多いのが特徴です。

冬場は毎日のように雪か雨が降るのでまず防水が出来ていないと使えません。

その点この池田屋ランドセルの防水コードバンは水に強いことが売りになっているので安心でした。

それでいて丈夫で長持ちするということなので、これが良いと思ったのです。

子供もこれが気に入ったようでしたから、まず問題はないだろうという気持ちでこれに決めました。

息子への入学祝いとして、このランドセルを購入しました。

この品は、防水対策がなされているランドセルなので雨が多い地域に住んでいる者としては重宝します。

カバーを開けると、さらにファスナーが備わっていて二重構造になっています。

そのおかげで内部に雨が入り込むのを防ぐので、大切な教科書を濡らさなくて済みます。

100%牛革で制作されており、多少乱暴に扱っても形が崩れることなく5年経過した今でも綺麗なままで良いです。
口コミの収集はクラウドソーシングを利用して行っています。

池田屋ランドセルの防水コードバンの楽天レビューの口コミ!

入学して、約半年がたちました。

コードバンなので重さは覚悟していましたが、本人は気にせず毎日元気に通っています。

この半年、傷一つ付かず、新品同様。本人は、この肌触りが皆と違うんだよね~♪とお気に入りです。

月曜日の荷物の多い日にも全部ランドセルに詰め込んで登校できるので、雨の日等安心です。

6年間しっかり娘と共に小学校へ通ってくれそうです。

池田屋ランドセルの防水コードバンのAmazonレビューの口コミ!

Amazonレビューには池田屋ランドセルの防水コードバンの口コミはありませんでした。

池田屋ランドセルの防水コードバンの市販の販売店・直売所は?

市販の店舗で購入できるところがあるのか、直売してくれるところはあるのか調べてみました。

  1. 清水店(創業店)
  2. 静岡店
  3. 浜松店
  4. 東京銀座店
  5. 大阪梅田店

池田屋ランドセルの防水コードバンの最安値は?楽天?Amazon?

どこで購入するのが最も安く買えるのか、価格比較をしてみました!

公式 楽天 Amazon
本体価格 91,800円
(税込み)
91,800円
(税込み)
付属品価格 ・移動式防犯ブザーフック:無料
・反射シール:無料
・型押しイニシャル:無料
・移動式防犯ブザーフック:無料
・反射シール:無料
・型押しイニシャル:無料
送料 630円(全国一律) 630円(全国一律)

池田屋ランドセルの防水コードバンの販売会社情報!

会社名 池田屋
住所 〒420-0031
静岡市葵区呉服町1-6-7
公式サイト https://www.pikachan.com/